柏の葉の公衆電源サービス espotに申込んできました

UDCK03.jpg

公衆電源サービスってご存知ですか?

携帯電話やパソコンのバッテリーが切れそうになった時に充電することが出来るコンセントを町中に普及していこうという、東京電力が進めている新たなインフラサービスです。
2010年春から、日比谷や柏の葉で実験的にスタートしました。同年夏までの実験モニターサービスだったのですが、好評だったためか期間が延長となっています。僕が知ったのも2011年に入ってからです。

UDCK04.jpg

この公衆電源サービスは「espot」という名称で、利用するには登録が必要です。柏の葉ですと
柏の葉アーバンデザインセンター (UDCK) 」で
申し込みをします。

申込書を書くだけですが、免許証や学生証などの身分証明書の提示が必要ですのでお忘れなく。
申し込むと左の画像のような免許証大のカードが渡されます。このカードを電源器械の所定の場所にかざすと、そのコンセントが使えるようになる仕組みです。

UDCK02.jpg

UDCKの屋内にある「espot」は左の画像の形ですが、これは屋内型・部屋設置型のようです。日比谷はこの形だそうです。

柏の葉ではこのページの一番上の画像の、番号をふってあるBOXのような形が基本形です。半屋外や屋内でも大きなスペースでは一番上の画像の形みたいですよ。

後日、利用レポートなどを別途書いてアップしようと思っています。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/17/048/index.html

▲ページトップに戻る